あるところに

PAIBO(パイボ)という

お人形がおりました。

 

PAIBOは自分の無機質で

硬いボディが嫌いでした。

そしてなによりキャラクターとしての

ココロが無い自分がイヤでした。

 

PAIBOはいつか自分にも

ココロが宿ると信じ、

その日をずっと

ココロ待ちにしていたのです。

にぱいしんになったのです。

そんなある日、

マンガやアニメの世界からやってきた

キャラクターたちが

偶然にもPAIBOを見つけ、

胸にあるハートのボタン

触れました。

 

すると、みるみるうちに

PAIBOにココロが宿り…

PAIBOはどんな

にぱいしん

なったのでしょう?

 

それを知りたければ下にある

コンテンツの

扉を開いて

ください・・・

にぱいしん®、2π身®は株式会社ヴォーパルの登録商標です。

Copyright ©VORPAL All rights reserved.